心の悩みであるうつ病の診断を行ない症状によって治療を受けよう

ページトップへ

ハートフルガイド うつ病に負けない

診断チェック

チェックを行なう

うつ病か診断するためのチェックシートは、インターネットや本で行なうことができます。本の場合は現役の医者が書いた場合もあります。実際に医院で行なっているチェックを本にすることで、多くの人に早期でうつ病か判断することができます。どのような病気でも早期発見をすることで、完治も早めに行なうことができます。そのため、自分で行なう診断も非常に大事なことです。このような、本は本屋やインターネットの通販で購入することができます。もう1つの方法でインターネットを活用して診断する方法があります。インターネットなら、無料で診断することができるサイトもあり、費用を抑えたい人向けです。検索で簡単に見つけることができるため、空いた時間でチェックすることも可能です。

重度や軽度

うつ病の診断をインターネットで行なう場合は、重度のチェックシートと軽度のチェックシートがあります。重度になると、とても危険な状態になるのでチェックシートに1つでも当てはまる人は、すぐに医院を活用する方がいいでしょう。また、軽度の場合はうつ病に掛かる可能性がある人物になります。こちらもチェックシートにたくさん当てはまるなら医院を活用する方がいいでしょう。このような、重度や軽度のうつ病を調べることもできるので、気になる人はインターネットを活用してチェックしてみることもいいでしょう。そうすることで、早期発見で医者に相談する決意を決めることも可能になります。

うつ病の診断方法の基準とは何か

日本の病院では、うつ病の診断基準を、世界保健機関(WHO)が公開している「(ICD−10)」、及び、アメリカ精神医学会が用いる「DSM-IV」の2つのツールをベースにしています。どちらか一方を使用する事もあれば、診断の精度を高めるために両方使う病院もあります。その上で重要な問診を行っていきます。最近は、うつ病の無料診断ツールが、Web上にブログやサイトにてあちこち掲載されています。これは先に挙げた「DSM−IV(ディーエスエム・フォー)」等が外部に公開されており、専門用語を噛み砕いて解説されていたりと、とても丁寧に補足説明されてあったりして、順番にYES/NOをマークすれば、簡単に診断できるのですが、果たして、こんなにシンプルな診断ツールでうつ病の有無が判るのでしょうか。大抵、私達は「うつ病」を検索するのは、身近な人が心配だったり、気持ちが相当落ち込んでいる時に「セルフチェック」を求めてしまうのではないでしょうか。心の安定を図るために、そういった類いに興味が傾くのも理解できますが、大体、マイナスの記憶や考えを拡大解釈し、楽しい思い出の数々が、どこかに置き去りにされているに過ぎません。

日進月歩するメディカルチェックの技術

うつ病診断には、唾液採取キット」も利用されています。簡単に説明すると、ある成分を咀嚼し、DNAを調べます。また2015年2月に徳島大学病院から発表された報道機関向けのプレスリリースよると精神科医の大森教授ら共同研究グループにより、うつ病患者の血液による生物学的指標を発見されました。「血液の遺伝子のDNAメチル化修飾という化学反応を複数組み合わせる事で、うつ病患者とそうでない人の判断ができる可能性を示した」という内容です。英科学誌Epigeneticsの電子版にて掲載されました。医師の主観や患者の状況によって左右されやすい「うつ病」の診断ですが、様々な医師や研究者により日進月歩しています。何より、良き相談相手、理解者に出会う事が大切なのです。そして、近年、血液や免疫力によって「うつ病」についての診断、治療の技術は、より精度が増してきています。

うつ病にならないために

セルフ診断で半分以上当てはまるようなら少し気をつけた方が良いです。 日頃から、ストレスを発散できる趣味や場所を見つけておいたり、音楽を聴いたりと、リラックスできる環境を作る事が、うつ病の予防、再発に効果的です。 また、何でも相談できたり話せる恋人や友人、家族や会社の同僚など、周りの人の助けも大きいです。 最近では、仕事中だけうつ病を発症する「新型うつ」になっている20代や30代も多くなっています。 新型うつは、気分の波が激しく、うつ病とは逆に、良く眠り、良く食べるなどの症状があるので、あたかも健康に見えます。 そのため、診断が非常に難しいので、わがままな人とか仕事をさぼっているという風に見られがちで、本人は大変に苦しみます。 うつにならないよう日頃のセルフケアを心がけてください。