心の悩みであるうつ病の診断を行ない症状によって治療を受けよう

ページトップへ

ハートフルガイド うつ病と診断されたら
  • 診断チェック

    うつ病なのかと診断する方法は医院で行なわなくても自分でやることができます。その方法は、インターネットや本をチェックすることでできます。専門のサイトや本があるので、それらを活用することで調べることができます。

    Read more

  • 症状を理解

    うつ病になると、どのような症状になるか把握している人は少ないです。うつ病について理解することで、掛からないために努力を考えることができます。精神的なトラブルになるので、その解決方や診断方法も精神的なことになります。

    Read more

  • 話をする

    カウンセリングで、うつ病かどうかの診断が行えます。また、カウンセリングでは、自分の気持ちなどを専門医師に伝えることができるので、精神的に楽になることができます。

    Read more

  • 薬を処方

    うつ病と診断された患者には専用の薬があります。その薬を飲むことで精神的な落ち着きを得ることができます。気持ちを落ち着かけることで、落ち込んだ気持ちを明るくすることも可能です。

    Read more

  • 病院を見つける

    うつ病を完治するためにも、専門の医院を利用する方が良いでしょう。専門の医院を利用することで、どの症状か診断をします。診断結果でその症状に合う治療方法を行ないます。そうすることで、精神的な病も完治することが可能です。

    Read more

  • うつ病の治療法

    うつ病と診断で判断した時に、治療は始まります。その治療法は精神的な方法になるので、まず気持ちから入ります。強く治したいを思うことで、初めて治療を行なうことができます。

    Read more

心の病

精神的な病気

病気は様々な症状があります。肉体的な症状や精神的な症状などたくさんの種類があります。その中でも、精神的な症状は完治することが難しく、手術を行なうことができない病気です。精神的な問題になるので、肉体的損傷が見られることはありません。その精神的な病気の中で、多い症状になるのがうつ病です。うつ病は心が落ち込む症状であり、生きる活力を失う症状になります。そのため、仕事や学校に行くことができなくなり、最悪の場合は食事をすることもなくなることもあります。上記のような危険性がある精神的な症状がうつ病になります。

医者に相談

うつ病の解決法で最も早い方法が、医者に相談することです。医者に相談することで、精神的な悩みを解決することが可能です。それは、専門の医者になるので、数多くの症状で悩んでいる患者を救ってきた実績もあります。豊富な知識を活用することで、精神的な病気うつ病も完治することが可能になります。専門の医院を利用することで、まず行なわれることが診断です。診断をすることで、精神的な病になるか判断することができます。診断では、患者の症状を確認してうつ病の症状と照らし合わせます。そうすることで、うつ病なのかと判断します。うつ病と診察結果がでた場合は、その専用の治療法を行ないます。治療法は医院よって変わり、最も患者に効果的な治療法を行ないます。そうすることで、治すことが難しい精神的な悩みであるうつ病を完治します。

診察料はいくらかかるのでしょうか

うつ病の診断は、昨今インターネットでも簡単にセルフチェックを行うことができます。ですが、自己診断ではどんなふうな結果が出ていても、最終的には医師によるきちんとした診断結果が出ないことには、確定しません。 医療機関にかかった場合の初診は、診察料で4千円から6千円程度と考えてください。薬が処方されたら、その分の金額が加算されます。薬代は処方内容によりけりで、抗不安薬・睡眠導入剤は比較的安価ですが、抗うつ薬は比較的高価です。薬代で5千円程度と想定しておけばよいでしょう。 診断書は早ければ当日、もしくは次回の診療までには提示されます。 2回目からは自立申請をすれば、1割負担になります。また申請をするにあたり、診断書の提出などが必要となり、3千円から5千円程度かかります。

診断方法の特徴について

うつ病の診断は、まず問診を中心にすすめられます。問診内容は、次のような点を確認します。 症状がいつからはじまったか、症状がはじまったきっかけに心当たりがあるか、どのような症状があらわれており日常生活や社会生活がどのように困窮しているか、などです。 また本人だけでなく、家族から見た症状や、勤めている場合は会社における仕事中の症状・状況なども、重要な情報となります。場合によっては、家族同伴で診察したり、会社からの情報連携もあるとよいでしょう。 次に診断基準に照らし合わせながら、うつ病の症状を評価します。うつ病の診断基準には、「DSMーIV」などが主に使われます。うつ病によく見られる診断項目から、患者に当てはまる項目数をチェックすることで判断します。